マンション売却をした時にわかったこと

転勤を機にマンションを売却し一戸建てに住み替え

転勤を機にマンションを売却し一戸建てに住み替え売却は友人に紹介された不動産会社に依頼価格を少し下げたところで買い手がみつかり売却

かつて私は、家族でマンションに住んでいましたが、転勤をすることになりそのままマンションを売却し地方の一戸建て住宅に住み替えたのです。
そのマンションは、売却することになったわけですが、すべてが初めての経験だったため右も左もわからない状態でした。
転勤が決まってからは、すぐに行動し不動産会社を見つけることからスタートしました。
とりあえず、友達の中から家を売却した人を見つけ、その人に「どのようにしたら売却できるのか」を聞いたのです。
その結果マンション売却は専門の不動産会社があるのでその不動産会社にお願いすればよいとのことでした。
ついでに、その人が利用した不動産会社も紹介してもらったのです。
不動産会社に連絡をとってみると、早速査定をするとのことでした。
査定というのは、いったいそのマンションがどれぐらいの金額になるかを明確にすることです。
この場合、いくつかの不動産会社にみてもらった方がよいかもしれませんが、私はそのことを知らずとりあえず紹介された不動産会社を信じて査定をすることにしたわけです。
査定金額は、私が想像していたよりやや高く2000万円ほどだったわけです。
この金額ならば、不動産会社に仲介をしてもらってもよいと考え、そのまま契約をすることにしました。